4.個人データの
第三者への提供

戻る
4.個人データの第三者への提供 当行は、お客さまの個人情報に係る個人データを、以下の場合において第三者へ提供いたします。
(1) 銀行が取得した個人データを第三者に提供することが、その取り引きを完遂する目的に照らして当然に予想される、例えば以下のような場合 (2) ローン等の債権が債権譲渡・証券化といった方法を用いて他の事業者等に移転する場合で、主債務者および連帯保証人の個人データが当該債権譲渡または証券化のために必要な範囲内において、債権譲渡先または証券化のために設立された特定目的会社等に提供され、債権管理・回収等の目的のために利用される場合 (3) 債権譲渡等の事前協議やデューデリジェンスにおいて、当該業務遂行の目的に必要な範囲内において、相手先、格付機関、会計事務所等へ情報を提供する場合(結果的に債権譲渡等が行われなかった場合も含みます) (4) 投資信託、保険、債券、株式等の金融商品について、当該金融商品を正確にお客さまへ提供する目的から、当該金融商品のプロバイダーへの購入解約等申込情報を提供する場合。 (5) 特定個人情報等について、法令等で定める場合 (6) その他、個人情報保護法その他の法令等に照らして必要と判断される場合(監督当局、証券取引等監視委員会および証券取引所への資料提出等を含みます)